ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


日経 ▼408.00
大暴落。

個別も非常に厳しい展開になっています。
新興はほぼ壊滅。不動産証券化関連などは、ほとんど値幅制限近くまで売り込まれています。

個人的な感覚としては、まだ下はあるように思います。
普通に考えると、明日は追証売りで弱く寄るということになるのでしょう。

突っ込み買いは難しいですが、全力などでなく少しづつ買っていけば良いと思います。
底で買うのは不可能なので、多少の含み損は怖がらず行かないと買えなくなってしまいます。

1~2月の高値から約6ヶ月。 反転はもうすぐです。ただし、やはり信用買い組の個人投資家を最後まで振り落としてから、相場は前進を始めるようです。
冷静に対処して生き残るしかありません。
今週は、市場から退場する人が多く出るかも知れません。。切ないですが、相場ってそうゆうものだと思います。
去年から年初までの上昇相場のイメージを少しでも引き連れば、生き残ることはできないでしょう。

こうゆう時に一番痛いのが、総悲観でこれ以上ないと思うくらい下げた後にリバウンドして、「どうにか乗り越えたぞ。。」と思わせた後に、もう一度ドカンと来るようなパターンです。人間心理として、これは堪えます。
検察が自供取るのと同じパターンです。(苦笑) 相場はえげつないってことですね。こうゆうパターンもあると思っておくと割と冷静に見れるので、知っておいて損はありません。

さて、先週のうちに、保有銘柄が全て設定損切りラインに達していたため、完全ノーポジションで今日の場をむかえました。
下落を買える立場で見られるのは、大きな進歩です。

ただ相場感が働いて暴落しそうと読んだ訳ではなく、(昨日の記事に書いたとおり、気持ち悪さは感じていましたが)、純粋に持ち株がテクニカルポイントを割ったので損切りした。そして買いサインが出ている自信の持てる場面が無かったので、中途半端なポジションを持たなかった。
それだけのことです。

食指の伸びる銘柄はたくさんありますが、こうゆう時は慣れている銘柄の方が良いので、今日は、お馴染みのエス・イー・エスを少し買いました。
窓埋めもしましたし、節値で買いも入っています。現在、2%ほど含み益。

ただし、明日以降どうなるかはまったくわかりません。
慣れた銘柄の動きを見ていきながら、無理せず少しづつ買い下がっていく方向で考えています。
スポンサーサイト

テーマ:株式投資やる - ジャンル:ファイナンス

















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 ガチョウの株研究 ~ガチョカブ~, All rights reserved.






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。