ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


日経平均△113.94
続伸。個別も高い。が、引けにかけて売られたのは気になる。

さて、今日は個人が好きな有名新興も続伸で、市場が活気づいていました。私を含め慎重にポジションを軽くしていた投資家は、悔しい思いで見ていたわけです(笑)

そうは言っても、感情に負けたり、焦っちゃ勝てないので、上司に怒られた時の表面顔のように、とりあえず冷静になろうと頑張るわけです(爆)

ここから追撃買いするのは、ちと怖い。冷静になれば上がっているとは言え25日線より下の銘柄が多数です。と言うより、25日線にはじかれている銘柄も多々あります。

作戦の一つとしては、小さい押し目を狙っていきます。たとえば、今日の上昇で窓を空けた銘柄の窓閉めあたりを狙います。私のいじっている銘柄で言えば、日本アジア投資の625円あたりを狙う感じです。窓閉めの安心感から再度上昇する可能性も高く、底値に近づいているので底堅さも期待できます。

もしくは、お得意地味銘柄の反発出遅れを狙います。たとえば、日本化学産業なんていい感じです。

仮にこのまま上昇が続けば、今度は25日線をサポートラインにしそうな業績の良い銘柄をセレクトしていきます。

と、まぁ作戦はいろいろある訳で、じっくり行きましょう。

今日の売買はありません。唯一ホールド中のエス・イー・エスは結構上がってましたね。引け後に第一四半期の決算を発表。キッチリ黒字化です。通期予想も四季報に近い値。ただ、サプライズはない感じ。
良い決算とは思いますが、どう判断されるかな? 決算前に買われていると、だいたいロクな事はないので期待しないでおきます。

今月は苦しみました。疲れました。(笑)疑心暗鬼の地合だったと思います。最後のエス・イー・エスの上昇もあって、評価額ベースでほぼトントンの小額プラス。反省の多い月でもありました。

明日から8月相場です。頑張りましょう♪

スポンサーサイト

テーマ:投資日記 - ジャンル:ファイナンス


日経△163.09
さてこの上昇は本物か。

今日は新興・小型にも資金が回っておりました。ただ、銘柄によって高低マチマチという印象。このまま上に行くのでしょうか。ちょっと下押しが足りない気がしますが。。
小型株は、来週以降まだ下で買うチャンスはあると思います。このまま取り残されるほど上げていくとは考えづらいです。が、いつも上にも下にも予想を超える動きをするのが常ですから、判りませんね。
仮に置いて行かれても、押しを狙ったり、節を突破して加速していくところを狙えば良いので、焦る事はありません。

エス・イー・エスは堅調。昨日の記事に書いた内容に近い動きになっていました。放置。
そろそろ第一四半期の決算発表のはずですが、会社HPに掲載されませんね。問い合わせてみますか。
昨年度の第四四半期も好調だったので、第一四半期は良い数字が出てくる可能性が高いと思います。基本的にオーバー決算の予定です。

その他、今日の売買はありません。
にしても、ポジションを軽くしてる時ほど上げる気がします(笑)

昨日も書きましたが、8月上旬の動きが重要です。それに、8月は前半が夏枯れ相場で商いが細り、盆休み明けの後半あたりから市場が活発するパターンが多いです。8月上旬に安く仕込めれば良いと思うのですが、どうなりますか。ボチボチ見ていきましょう。

テーマ:投資日記 - ジャンル:ファイナンス


日経△295.71
25日線にチャレンジ

指数に比べると個別は弱いものが多い印象。
日経が25日線の上に出て本格反転しても今日のように新興・小型には資金が流れない可能性もあります。
日経が調整したときに、資金循環で小型株が買われるかが一つの目安になると思います。そのあたりの投資家心理を意識しながら相場を見ていきます。

唯一残したエス・イー・エスが健闘(笑)
少し買い増ししました。安値を更新してこなければ、なんとかなりそうな感じもしますが、どうなるか。
半戻し位置であり、節目でもある600円あたりまで素直に行ってほしいところですが、価格別出来高を見ると、575円あたりの玉が多いので、この辺で一度止まるかもですね。
さくっと超えてくれば期待できますし、動きが止まるようであれば半分くらい利確します。このあたりの動きを指標と考えてます。
損切りラインは変わらず直近安値です。

明日は金曜、そして7月もかなり終盤です。8月初めは2月にピークをつけた銘柄の信用期日でもあります。注目しておきましょう。ドカッと下げれば当面の底になる可能性は高いです。


テーマ:投資日記 - ジャンル:ファイナンス


日経▼121.17
新興はボロボロ。。

新興・小型の下げは続く。暴落でなく、ジワジワ下げが続く一番ダメージが蓄積してくパターン。暴落なら投げもリバもあるけどね。日経がプラスでも下げて、日経が下げればもっと下げる。ちょっと動きようがないです。我慢できなくなってきた個人の人も多そう。

今日は、前場で気持ち悪さを感じて、芝浦電子を利確。日本アジア投資を損切り。方向感がつかめないので、ポジションを整理しました。エス・イー・エスも直近の安値を下回ってくるようであれば手仕舞いします。

明日から反発して利益機会を逃したとしても、自分の感覚を信じた判断なので良しとします。自分の感覚に従わないで結果オーライでも、長くは続かないので。。。自分の感覚を信じられなくなったら決断はできなくなっちゃいます。

ま、株価なんて山の天気みたいなもんで、昨日の1000円は高いけど、今日の1000円は安いみたいな、そんなものなので明日には、また予想は曲がるわけですが。

ヤフーと楽天の大幅安も気になります。新興の指標として見てる人も多いでしょうから、投資家心理よけいに悪くなる恐れあり。なんだかなぁ。時期的にはそろそろとは思うのですが、いかんせん需給悪いですね。IPOもひどいもんです。

先週木曜の上げは余計でしたね。シコリ増やしただけです。やっぱり投げが出ないと、どうにもならない気がします。
かく言う私もなかなか苦しいです (^^; 
苦しいときは夜明けが近いですから、もう少しなのかとは思います。ただ、苦しさを我慢していても限界があるし、底なし沼の場合もありますから、一度キャッシュ化して冷静に対処した方が良いとは思います。この状況で塩漬け株を作るのだけは避けなくてはいけません。

テーマ:株式投資売買記録 - ジャンル:ファイナンス


日経△210.74
JQ指数 ▼0.19
大型は強いが、新興・小型は売られた銘柄が多い。

今日の売買は無し。3銘柄継続。

新興や小型をメインにしていると、ストレスを感じる動きです。(++;
やはり新興は一度下を見ないとダメなのかなぁと思ってしまう。

ご存知のように、去年の8月からの上げ相場では、1部の大型株がガンガン上がって個人が多い新興銘柄は取り残される形になりました。

今日のような展開を見ていると、今年も同じ事が起きてもおかしくはないですね。信用取り組みが改善されないこと、新興銘柄の業績下方修正が多く信用度が下がっている事を考えると可能性はあるかも知れません。

戻り売りが多く、大量に買いが入るほどの信頼感もなければ、上げるはずはありません。そうなると特にマザーズ、ヘラクレスあたりの成長期待銘柄は厳しいかも知れません。

大証2部やJASDAQの小型優良の地味系は、日経にひっぱられる銘柄もありますので、この辺の比重を高めておくか、多少値動きが重いのは覚悟の上で、東証一部で割安な銘柄を仕込んでおくのも良い作戦だと思います。

中長期で楽観的な見通しを持ってはいますが、相場の2極化も少し頭に入れておくつもりです。

テーマ:投資日記 - ジャンル:ファイナンス


日経▼ 26.76
寄りと逆を行くいつものパターン。

一時、日経もプラス圏に出ていました。米国連動相場から少しは強い動きが出てくると良いのですが。個別は軟調なものの下値は買われる印象。

今日の売買はなく、芝浦電子、エス・イー・エス、日本アジア投資を継続。
買い余力は残してあるので、ここから一段下げがあっても、ある程度は対応できます。
二段下げは無理かも(笑)

ただ、余力を残しつつも、仕込みをする時期であるのは間違いないと思います。
6ヶ月相場という言葉もありますが、我慢ももう少しという気もします。

注意するのは、以前にも書いた最後の振り落とし。そこで狼狽してしまうほどポジションを持つのはペケですね。
一番わかりやすいパターンとしては、14000円割れるかもーって恐怖で売りが売りを呼び、シコリ玉を吐いた後、軽々と上昇に乗っていく形。

暴落で売らされる形だけは避けましょう。

また、このまま上がっていけばイージーですし、今の玉で利益を追えば良いだけです。
フルポジションで利益を最大化させようとか考えないことです。

気になる個別銘柄としては、サイバーエージェントなんて、かなり出来高を吐いているので良いと思います。25日線からの乖離もそれなりに大きいし、底付近である可能性は高いです。

早いもので、7月も終盤です。
ブログを始めてもうすぐ2ヶ月です。前の記事を読み直してみると、なかなか面白いですね。
印象としては、もっともらしく語ってるクセに実行できてないじゃんって感じ(^^;

ま、利益という結果はあまり出てないですが、これまでの地合で、ほとんど資産を減らしてないのは、自分としては上出来な方です。一昔前なら、かなりの打撃を受けていたと思います。

ブログランキング上位の有名人のように、旬のものを乗り継いだり、派手に稼いでいる訳ではないですが、自分なりに地道に一歩一歩行きたいと思います。

テーマ:投資日記 - ジャンル:ファイナンス


日経▼125.58
調整。個別は判断が難しい。

昨日大きく上げた銘柄は、今日の下げがキツイものがけっこうあります。

月曜は、また今日のアメリカ次第って感じでしょうか。上下の入れ替わり激しく、半か丁かという感じ。下げると恐怖を感じる投資家が多いので、一方向的相場になりやすい。

ただ、ここからは買いポジションで望むべき位置。含み損を抱えたとしても、今の買いは近い時期に報われる気もします。

芝浦電子、エス・イー・エスは放置。

日本ピラーを空売りデイトレするも1%ちょい損失で失敗。それなりに根拠をもって望んだけれど。。
そもそもデイトレする銘柄じゃないか。また、いらんトレードをしてしまった。。

日本アジア投資を買い。大引けに買い上げられたので、2%ほど含み益。日本ピラーの損失分と相殺という感じ。
5月末日に付けた安値を意識しています。下値は買われているので来週に期待したい。

これ以上の買いポジションを持つにはちょっと。。。なので、こんなものでしょう。

チャート的には一度底を抜けた銘柄が多いので、今までのように下値節目で堅い動きをしている銘柄を狙うという戦略が取りづらい。上下に落ち着かない銘柄が多いです。

その中でも、あえて挙げれば、神田通信機などはおもしろいかも。チャートを俯瞰すると一目瞭然ですが、200円付近を底に上に噴く動きを周期的に取っている。 もう少し下がるのをまって、8~10%抜きで売り注文を出しておけば、1~2ヶ月内に利益が出ると、過去のチャートは言っています。ファンダ的にも悪くはありません。

1~2ヶ月毎に5~10%キッチリ利益を抜けるトレードが出来れば、実はそれで十分だったりするのですよね。。
2ヶ月で10%利益が出せれば、年率77%ですか。すごいですね。

『すぐにたくさん儲けたい』って欲望を抑えられれば、とっても近道があるのだと思います。


テーマ:投資日記 - ジャンル:ファイナンス


日経△446.58
全面高。

ダウの上昇を受けて、昨日までの弱気が嘘のようにガンガン高値まで買い上がられています。

えーっと、私の見込みはいつものごとくはずれ(笑)、非常に強い動きになりました。
もっと下があると考えていたのですが、また杞憂だったのかも知れません。

相場は甘くないというのが念頭にあるので、どうしても悪い方向を想定して考えるというのもありますが。(これはこれで悪いことではありませんが)

ただ、下げを見て、単純に空売りに回ったトレーダーも少なからずいたわけで、そうゆう意味では、買い方でも売り方でも甘くはないという事ではあります。

にしても、皆が弱気のときに強気になるというのができてません。
もう少し下がったらと思ってましたが、みんなそれを待っていたので、その手前で反発したと考えてもよいでしょう。

少数派になって行動するのは、本当に難しいですね。。。

今日は、買い余力はあったのですが動けていません。エス・イー・エス、芝浦電子を継続。
最近の地合で臆病になっているのかも。今日の上昇を見て追撃で買いあがる気持ちにあまりなれません。置いていかれるかもですね。(^^;

買うのであれば、明日は金曜ですし、戻り売りや利益確定売りで軟調になったものの安値は更新しないって場面を買いたいですね。
今日で底が入った可能性はあります。

なんとなく凹んだ気分はあります。おそらく、完全キャッシュポジションで下げを回避したのに、ほんの小額しか買い戻しせず今日の上昇を逃したという気持ちが、自分のどこかにあるのです。
ただ、それは利益機会を逃しただけで、損失を受けた訳ではないはず。そもそも、そうゆう意識が働くということは、損失を抑える方向よりも、利益を上げる方向に意識が向いているということなので、危険信号でもあります。

チャンスはいくらでもある。という基本に戻って、しっかり行きたいと思います。

テーマ:投資日記 - ジャンル:ファイナンス


日経△ 63.02
なんとも中途半端な。。

上値の重さを確認した反発な気がしてしまいます。
このまま上に抜けるような雰囲気ではないような。。。

昨日ちょこっと書いた、少し上に行ってドカンのパターンで無ければよいのだけど。
と、下の方向性を感じつつも、シビレを切らして芝浦電子を少額打診買い。いけませんね。

昨日買ったエス・イー・エスは放置も割と痛い下落。550円付近を抜けてしまったので、次は500円付近の攻防を考えておかないといけません。

今は本当に難しい相場です。
短期回転か、仕込んで中期保有で地合の好転を待つか。どちらにせよ怖がらず狼狽せず、強い意志がないと食われていまいます。

そして、今の地合でのトレードが、現時点での自分の真の実力と考えるべきでしょう。
マイナスでも仕方ない地合ではあります。ただ、それでも自分の判断をちゃんと執行して、損失をコントロールする事を意識しましょう。判らなければ勇気を出して全額撤退もありだと思います。

この地合でも利益を出している人はたくさんいます。資金管理が徹底されていて、自信をもって買い集めてる人もいます。後で、自分に何が足りなかったのか?どうすれば良かったのか?を学ぶために、必ず自分なりの判断をして相場に向き合う事が必要です。結果オーライを願うことや、固まって動けなくなってしまう事は絶対に避けましょう。前に進む糧になりません。

今日のアメリカが、底抜けするようであれば、明日の東京は大荒れになるでしょう。
私個人の感覚では、底入れ感はまだありません。明日弱ければ買い、強ければ一度利食いをイメージしています。

さて。。。大変ですが、頑張りましょう! L(^。^;)/

テーマ:投資日記 - ジャンル:ファイナンス


日経 ▼408.00
大暴落。

個別も非常に厳しい展開になっています。
新興はほぼ壊滅。不動産証券化関連などは、ほとんど値幅制限近くまで売り込まれています。

個人的な感覚としては、まだ下はあるように思います。
普通に考えると、明日は追証売りで弱く寄るということになるのでしょう。

突っ込み買いは難しいですが、全力などでなく少しづつ買っていけば良いと思います。
底で買うのは不可能なので、多少の含み損は怖がらず行かないと買えなくなってしまいます。

1~2月の高値から約6ヶ月。 反転はもうすぐです。ただし、やはり信用買い組の個人投資家を最後まで振り落としてから、相場は前進を始めるようです。
冷静に対処して生き残るしかありません。
今週は、市場から退場する人が多く出るかも知れません。。切ないですが、相場ってそうゆうものだと思います。
去年から年初までの上昇相場のイメージを少しでも引き連れば、生き残ることはできないでしょう。

こうゆう時に一番痛いのが、総悲観でこれ以上ないと思うくらい下げた後にリバウンドして、「どうにか乗り越えたぞ。。」と思わせた後に、もう一度ドカンと来るようなパターンです。人間心理として、これは堪えます。
検察が自供取るのと同じパターンです。(苦笑) 相場はえげつないってことですね。こうゆうパターンもあると思っておくと割と冷静に見れるので、知っておいて損はありません。

さて、先週のうちに、保有銘柄が全て設定損切りラインに達していたため、完全ノーポジションで今日の場をむかえました。
下落を買える立場で見られるのは、大きな進歩です。

ただ相場感が働いて暴落しそうと読んだ訳ではなく、(昨日の記事に書いたとおり、気持ち悪さは感じていましたが)、純粋に持ち株がテクニカルポイントを割ったので損切りした。そして買いサインが出ている自信の持てる場面が無かったので、中途半端なポジションを持たなかった。
それだけのことです。

食指の伸びる銘柄はたくさんありますが、こうゆう時は慣れている銘柄の方が良いので、今日は、お馴染みのエス・イー・エスを少し買いました。
窓埋めもしましたし、節値で買いも入っています。現在、2%ほど含み益。

ただし、明日以降どうなるかはまったくわかりません。
慣れた銘柄の動きを見ていきながら、無理せず少しづつ買い下がっていく方向で考えています。

テーマ:株式投資やる - ジャンル:ファイナンス


ガチョウの株研究は、原則平日更新です。

土曜版のコメント欄を、訪問者の皆さんのフリーコメント用に設置しています。コメント欄を掲示板感覚で使う感じをイメージしてます。

ご自由にお使いください。

ガチョウもできるだけ参加しますが、訪問者の方々同士のやりとりが増えていくのが良い方向だと思っています。
ガチョウも同じ参加者の一人というスタンスです。私からの質問の方が多いかも。(^^;

銘柄選択や記事のコメントのやりとり同様、『渋い』感じでいければなと(笑)

よろしくお願いいたします。

#毎週土曜日に記事をアップしますので、話題が途中でも、次の土曜日を迎えたら新しい記事の方へ移動をお願いします。



テーマ:投資日記 - ジャンル:ファイナンス


日経▼252.71
みなさん大丈夫でしょうか?
日経4日続落。新興も弱い動きが続きます。

総悲観という感じではまだまだ無いですが、ジワジワ下げていて動きづらい。新規買いを入れるほどには下げないし、少し上げれば売りはどんどん出てくる。さらに下を思わせる気持ち悪い雰囲気も感じます。

昨日残したナ・デックス、芝浦電子が損切りラインに達したので、手仕舞い。下ヒゲも付けていて反発期待もありますが、ルール遵守です。

他、確信が持てる場面がなかったので、新規ポジションは取っていません。完全ノーポジションは、かなり久々です。

昨晩ダウの底抜けを見ていたので、もっと弱いのを予想していたのですが、思ったより強かったというのが正直なところ。
逆に言えば、買うには中途半端な感じで正直よくわかりません。

仮に来週火曜から爆上げになっても、焦ることなく出遅れを狙ったり、上げた後の押し目を狙ったりして、自分が自信を持てる場面でだけ勝負したいと思います。
もちろん弱ければ、買いを狙っていきます。

少し前であれば、なかなかこうゆう事ができませんでした。どうしても常にポジションを持っていないと置いて行かれるような気がして、決心できなかったですね。結果はどうあれ、こうした決心をできたのは一歩前進で、自分の成長につながると思います。

現時点で、資産は先月比マイナス5%ほど。今の地合であれば、以前なら余裕で10~25%ほどは減らしていたように思います。

相場に対する精神力養成!自分の感情のコントロール!
なんか根性系の体育会か、怪しい宗教みたいですが、こんなかけ声で頑張っていきます。

1週間お疲れ様でした!3連休リフレッシュして英気を養いましょう!

テーマ:株式投資やる - ジャンル:ファイナンス


日経 151.37
25日手前で踏みとどまってますが、不穏な動き。

今日は場を見ておりました。

寄りは非常に弱く、私も弱気になりましたが、どれも損切りラインに達しなかったので、当初の予定通りに行こうと、思考停止状態させて、放置。

時間がたつに連れ日経平均もどんどん強くなっていく。寄りの総弱気は何だったの?という展開。寄りの雰囲気と逆に動くとうまくいく最近の典型的な動き。

エス・イー・エスを前場の引け間際で利確売り。後場すぐに反発出遅れと見てフォスター電機を買いましたが、直後に日経が怪しくなってきたので、微少マイナスで即売り。日本ピラーも利確。
持ち株の中で、下値が特に小さいと思われるナデ、芝浦電子のみ継続してポジションを軽くしました。

明日は連休前の金曜日なので、仕込むチャンスはあるとの判断です。
判断が裏目に出ることも多いですが、最悪でも利益を逃すだけなのでOKでしょう。
逆に、仮に明日大嵐になっても致命傷まで負う事はないと思います。

上がれば戻り売りは多く、上値はかなり重い。やはり、一度大きく下に振れて出来高をこなさないと、上昇は長く続かないと思います。

大きな振り落としの下げがいつ来るかは判りませんが(そもそも来るかどうかも判りませんが)、それまで小幅反発を拾いながらも、いつでも暴落買いに向かえる気持ちは持っておくつもりです。

テーマ:投資日記 - ジャンル:ファイナンス


日経▼224.50
日経は明日は反発しそうな気がしますが、どうなるか。

持ち株は放置。

はぁ。。。以前にも書きましたが、やっぱりいつも見てる監視銘柄って直感が当たります。エス・イー・エスが610円台でウロチョロしてる時に、「あ、、、これ来くな!」と感じたすぐ後に急騰。

迷ってる間に、他を手仕舞ってもポジション取れば良いモノを。。。
持っているポジションは小さいです。利益率の割に、利益額は少額。もっと自分を信じて行動を軽くしないと。

課題です。

ナデ君、そろそろいい加減にしなさいよーっ!と言いたい所です。が、今日は1260円で出来高をこなしてました。出来高42000株。ナデの割にはかなり頑張ってます。
「出来高2000株。あれ?売買したの二人くらい?」って日もありましたから。今日、この1260円なら買っても良いという人が多かった訳ですね。

さて、7月に入ってから、死ぬほどキビシイとは言わないまでも、利益を出すにはなかなか難しい地合だと私は感じるのですが、皆さんどう感じておりますか?

ただ、こうゆう地合で焦って資産を大きく減らさないのが勝ち組への必須条件だと思います。絶対に次のチャンスで買う戦力を失ってはいけません。

仮にどんなヒドイ地合でも、損失をコントロールして、マイナスは小幅で折り返す。少ないチャンスを確実に狙って、できればプラスで折り返す。そして地合が好転した時には、大きく利益を取っていく。

資産を増やしている人って、こうしたサイクルに乗っているように思います。

難しいようですが、昨日書いた①と②で十分実現可能です。
損切りを予定通り実行する強い意志を持ちましょう。そして、チャートを毎日チェックして勝てるパターンを探しましょう。
勝てると確信できるパターンがなかったり、忙しくてどうしてもチャートチェックできなければ買わなければ良いだけです。少なくとも資産は減りません。

私の今日現在の評価額は、先月最終日とほぼ同値。プラス6%くらいあった利益を吐いてしまっています。
今のところ、先月の投資成績で反省した早めの損切りが、うまく機能しています。今月はなんとしてもプラスにしたいところ。

頑張ります。

テーマ:投資日記 - ジャンル:ファイナンス


日経▼78.99
日経平均は下値が買われ強さを見せるも、新興は厳しい下げ。

個人はかなり弱気になっているように感じます。
不動産証券化関連の下げは特に大きい。

新興の回復には、もう一段の下げが必要なのでしょうか。
1~2月の高値から、そろそろ調整が終わる時期だとは思うのですが、ご存知のように相場は本格反転に転じる前に、多くの人を振り払う傾向があります。
相場は、大多数を嫌い、ごく少数を愛します。

明日以降、反発基調になるか、振り落としに向かうかは判りませんが、大きく下げた場合の準備はしておく必要があります。
私見ですが、新興は最後の総悲観が来て、ゆっくりと反発基調になっていく可能性が高いと思っています。

暴落時に、買える立場になっていることが何よりも大切です。
そのための日々の小額損失での損切りです。

相場に向かうときは、いつでも、どうやって生き残るかという視点から見ることが大切です。
もっと儲けられるはずだ、利益を最大化するにはどうしたらよいか、という見方をしたら利益は逃げていき、市場からの退場が刻々と近づいてきます。損失を限定的にできれば利益はついてくるはず。

相場で生き残ってるためのルールはシンプルで、以下に集約されます。
① 勝てる確率の高い、確信を持てる場面でだけ投資する。
② 見込みが外れれば、少ない損失のうちに確実に損切りを行う。
③ ②の実行により、暴落後の反転時にポジションを持てる権利を逃さない。

悩むポイントは、持ち株が下がってしまって損切りしようか、反発を待とうかというところではないのです。
①の、テクニカル、銘柄選択、連動性など確率の高い場面の"確率"をいかに高められるか。で悩み、②の、適切な損切りポイントの設定(すぐにかかりすぎない等)。で悩むべきなのです。すなわち悩むのはポジションを持っていない時だけです。

こうしたスキルを上げていければ、トータルの勝率は6勝4敗以上に集約していき、1回の取引あたりの損失額が利益額も小さくなっていき、結果として資産が増えていくということになります。

さて、ブログに書くことによって私の頭の中もスッキリ整理できました。
あともうひとつ重要なことを。
成功するには、2つのステップがあります。ひとつは、必要となる本質部分を理解すること。そしてもう一つはそれを実行することです。
判っていることと、できることは違うってやつですね。
私も実行の部分は(も)、本当にまだまだです。頑張らなければなりません。

最後に、今日の売買はありません。
ナデ、エス・イー・エス、芝浦電子、日本ピラーを継続。
今日ところは、持ち株の下げ幅は小さくダメージはほとんどないですが、ポジション量は多すぎですね。
損切りラインに達すれば、もちろん機械的に売り。上げても欲張らず利確で少しポジションを軽くするかも知れません。

テーマ:投資日記 - ジャンル:ファイナンス


06年7月10日 終値 1148円

PER 16.59 (業界平均 20.49)
PBR 1.38  (業界平均 2.01)
配当利回り 1.39

工業用金属シール首位。フッ素樹脂製品「ピラフロン」が半導体・液晶製造装置関連で伸びており、他用途も拡大している模様。財務内容も悪くない。

液晶、半導体関連銘柄は物色された銘柄が多いが、日本ピラー工業は、まだ出遅れている方だと思う。
また多数ある「ピラフロン」の用途のひとつとして、建設業向け免震製品があり、この分野の需要増加も期待できる。現時点での業績寄与は不明だが、思惑のひとつにはなり得る可能性はある。

■四季報予想値
売上/営業利益/経常利益/利益/1株益
連06. 3 18,483 1,764 1,829 1,042 48.7
連07. 3予 20,300 2,500 2,600 1,500 70.5
連08. 3予 21,000 2,600 2,700 1,550 72.9

07年3月期は、前年比1.5倍の純利益を見込んでいる。設備投資の効果が出てくれば、08年予想は上ブレしてくる可能性もある。

テクニカル的には、1000~1125円のボックスから、出来高を伴って7/6(火)に1125円の高値抵抗線を突破し、新値を取った。
その後、下ヒゲを付け1125円を今度はサポートラインとして意識した動きになっている。

PER、配当利回りからも割安感はあり、下値はそれほど大きくないと考えられる。地合にもよるが、ロスカットラインは1125円を終値で明確に下回ってきた場合、25日線を下抜けした場合あたりが目安になると思う。

押し目を作りつつ、徐々に新値を切り上げていく動きになっていく可能性が高いと見ている。上げて過熱感が出てきたら売り、押し目があればまた買いといったスタンスが良いのではないだろうか。

テーマ:株式銘柄紹介 - ジャンル:ファイナンス


日経 △245.20
分足を見ると、一直線で上昇。
米国が弱く、安く寄った時に狼狽すると負けるという典型相場。

窓埋め+25日線手前での反発はある程度予想していたのですが、当日中にココまで伸びるとは思いませんでした。

前場で、設定ラインに達した、パシフィック、クラウディアを機械的に損切り。損失額は小さいのでOK。かわりに、日本ピラー工業、エス・イー・エスを購入。ともに含み益。

本当は、損切りしたら少し時間をおかないと、買いはダメなのですが、今日は結果オーライとなってしまいました。(喜んではダメで、反省するところですね)

芝浦電子は、前場の軟調な地合でも強い動き。先日書いたように綺麗に1/2押しから戻す形なので、素直に買いが入っています。近いうちに新値を試す動きになるでしょう。私、少ししか買い戻してないので、もう少し欲しいところです。

さて、全体どうなりますかね? 予想は難しいですが、いつも監視している割安銘柄の中から、底値付近から買いサインが出たもの、上げていって押し目を作ったものなど、動き出しているものを素直に買っていく戦略が報われるように思います。高値追いには注意していきましょう。

テーマ:投資日記 - ジャンル:ファイナンス


ガチョウの株研究は、原則平日更新です。

土曜版のコメント欄を、訪問者の皆さんのフリーコメント用に設置しています。コメント欄を掲示板感覚で使う感じをイメージしてます。

ご自由にお使いください。

ガチョウもできるだけ参加しますが、訪問者の方々同士のやりとりが増えていくのが良い方向だと思っています。
ガチョウも同じ参加者の一人というスタンスです。私からの質問の方が多いかも。(^^;

銘柄選択や記事のコメントのやりとり同様、『渋い』感じでいければなと(笑)

よろしくお願いいたします。

#毎週土曜日に記事をアップしますので、話題が途中でも、次の土曜日を迎えたら新しい記事の方へ移動をお願いします。

テーマ:投資日記 - ジャンル:ファイナンス


日経 ▼13.79
新興・小型は苦しい印象。

持ち株も全体的にぱっとせず

昨日のOBARAの空売り買い戻しは、ちょっと早かったか。。
ま、多少の利益はあったし、こんなもんですね。

エス・イー・エス、ワタベウェディングが、そこそこ下げていたので、買うか迷ったが見送り。
これ以上買いポジションを増やすと、もう一下げ来たときに苦しくなりそうと判断。月曜に弱い場面があれば、買って行きたいと思います。

昨日の夜、チャートチェックをしていて、神田通信機が1/2押し 25線タッチ目前で、コレ来る!と確信。ただ買えてません。。。今日は予想通り3%くらいしっかり上げてます。寄りで買いチャンスはありました。
やっぱコレだ!と思った時は、すぐに行動に起こさないとダメですね。
もうちょっと様子を見て。。とか迷ってると、上げてしまって買えなくなってしまいます。

自分で自信を持てたのに、すぐに決断して行動に移せなかった。
これは、大きな反省材料です。

無駄なポジションはできるだけ避けて、自分がコレだっと思った時は、迷わずポジションを取る決断力を強くするのが今後の課題ですね。
短期回転を重視していくなら、損切りラインに達していなくても動きの悪い銘柄は切って、より自信が持てる場面にポジションを移していく事も必要なのでしょう。

さて、一週間お疲れ様でした。
今はトレンドが定まらず、迷いの多い相場環境ですね。疲れる相場ですが、週末にリフレッシュして来週に備えましょう。

テーマ:投資日記 - ジャンル:ファイナンス


日経 ▼202.54
あ、やっぱり。。

芝浦電子は、今日の地合で下げるかな?と期待したが、プラス推移で逆に強さが目立つ。
安値1750円から高値2250円の中間点は、2000円。ちょうど1/2押しで節目2000円にタッチし切り返す動きになっているので、テクニカル的には再度上を目指すのが自然な動き。
しょうがないので、置いていかれるのを避けて2090円で打診買い。

今のところ節目2000円での買いチャンスは昨日の寄りだけで一瞬でしたね。
25日線をもう少し待つ展開であれば、買いチャンスはまだあるかな。

あとはクラウディアを少し買いました。久々に大きく上げた場面で買った気がします。

空売りのOBARAは利確。 プラス約2%。
空売りは、取り組みを始めたばかりで、少額で欲張らずおっかなビックリやっています。

ある野球選手は右バッターと左バッターは、バッターボックスに入ってるのは同じでも、違うスポーツくらい異なるモノだとか言ってましたが、買い方と売り方も、相場に参加している事は同じでも、全然違うものですね。こりゃ。

下値の小さい買いポジションと、リスクの低い売りポジションを持っていると、今日のような日はとてもバランスが良いです。
ま、まだまだ勉強レベルです。

さて、久々当たらない予想。
明日は寄りが一番弱く、日経は窓埋めの方向、ただし下値は拾われて底堅い印象となる。来週以降、25日線を割らず反発基調に乗っていく。明日は場を見れませんが、安値を指しておいても面白いかも知れません。

#いろいろ頂いてるコメントを、フリーコメント欄にお返事しました。

テーマ:株式投資やる - ジャンル:ファイナンス


日経 ▼114.56
判断が難しいところ。

MKキャピタルが設定ラインに達したので、予定通り即損切り執行。
直後急落。私と同じ株価を、節として見ていた投資家が多いのが判ります。

OBARAに空売りを少し入れました。ちょっとだけ含み益。
持ち株のパシフィックは爆上げ。なんですか。これ。
あとは、芝浦電子を下で指しておいたものの約定せず。

とりあえず上に行っても下に行っても対応できるようにしたつもりです。でも、感覚的としては、正直、よく分かず動きづらいなぁという印象。

そして、とりあえず寝不足。(--;

寝不足とか、気分が悪いときとか、いろいろイライラしてる時とか、注意ですね。ポジション量や含み益・含み損によって、同じ相場でも、全く違って見えてしまうのと同じ事が起こってしまいます。判断誤る事が多くなります。

遅ればせながら、6月の売買成績と反省とアップしました。
皆さん、6月の成績はどうでしたか?

テーマ:投資日記 - ジャンル:ファイナンス


ガチョウが気になった銘柄のメモは、今までコメントや記事に散在していたので、今後は銘柄メモのカテゴリにまとめて書くようにします。
銘柄研究ほど細かく分析はしておらず、の短期回転用銘柄が中心です。ご参考まで。

◆スイング用銘柄抽出メモ◆
■MORESCO
ボックスの下限と見る。下ヒゲ付けて、底堅い動きになっているし、今の価格は以前に窓を開けた節目にもなっているので、窓埋めの安心感から買われる可能性が高いと思う。
PERからの割安感は無いが、成長性が高い銘柄なので下に行く理由は無いのでは。
下離れした場合、危険なので即刻損切り。損切りラインは設定しやすい。

■翻訳センター
公開以来、えんえんと下がり続け、底値横ばいがずーーーっと続いていたが、はじめて25日線の上に日足が出る。直近IPOの特徴でどこかで一瞬噴きそうな気がする。25線割ってきたらLC。

■東海リース
25線を意識しており、下値を切り上げてるので、上に動く可能性は高いと思う。ただ、下降トレンドは続いているので、まだ大きくは取りづらいのでは。少し含み益が出たら手堅くいく感じか。25日線を明確に下回ったらLC。
実は、PBR 1倍以下、PER 10倍以下の割安銘柄でもある。

皆さんの気になる銘柄も募集中です!(笑)

テーマ:株式銘柄紹介 - ジャンル:ファイナンス


6月の売買成績
前月比 資産トータルマイナス2%

【買い継続】
ナ・デックス
エス・イー・エス

【勝】
銘柄名/平均購入単価/平均売却単価/損益率
アドバンスクリエイト 333000 315000 △5.4% (空売り)
共信テクノソニック 1021 1037 △1.5%
芝浦電子      1663.7 1910.6 △14.8% (全売買平均)

【負】
銘柄名/平均購入単価/平均売却単価/損益率
SBI     55,843 46,450  ▼16.8% (買いは5月)
シライ電子 1,838 1,682 ▼8.4% (買いは5月)
大和電設 299 270 ▼9.6%

■6月のトレード反省■
振り返ってみると、序盤の厳しい地合の時に大きく損を出し、後半の地合好転で取り戻す展開。
地合に依存する典型的な初級者の資産推移と思う。

何が一番悪いかと言えば、負けの損失率が軒並み高いこと。高すぎである。

SBIは、あいまいに中期という位置づけで損切りラインが明確に決まっていなかった。結果、大底近くで売っている。あとあと買い下がるつもりで投資金額を少なくしていたのも油断を生んだ。 計画性のない、ほぼ満点の最低トレードである。

シライ電子は、実は、損切りラインをちゃんと設定していたが執行できなかった。大罪である。 私の投資金額にしては大きい買い物で、損失額もかなり大きい。 損失額が大きいからこそ、いつもできる損切りができなかったとも言える。

この2つを傷が浅いうちに、しっかり損切りできていれば、6月も大幅プラスだったのは間違いない。かなり無念である。

SBI、シライ電子とも、今は戻り大幅に上がってる。だからといって、ずっとホールドを続けていれば良かった!と考えるのは、明らかに思考方法の間違い。戻るか戻らないかは、その時点では全く判らなかったわけで、傷を最小限に抑えれば、再参入のチャンスを持てたのに。と考えるのが正しい取り組み方。

今の上昇を見ても、銘柄選択自体は明らかに間違いではない。買い付けタイミングも結果は負けだが、根拠はちゃんとあり、見返してみても決して悪くは無い。やはり、損切りが遅れた点が唯一にして最大の反省点といえる。

7月以降は、ポジションを取る際の損切りラインの明確な設定と、確実な執行を最重点に置いて取り組んでいきたい。
トレード日誌も、もう少し詳細にする必要があるか。

序盤の大きなミスを取り返せたのは、中期スタンスで取り組んでいた芝浦電子の上昇によるところが大きい。4月に仕込んだ安値玉の利益率は30%を越えていた。エス・イー・エスも600円のサポートラインを意識して、うまくトレードできている。この含み益(7月に入って売却済)も大きい。このあたりはうまくトレードできた。

先月の投資成績で課題に挙げた、売買回数を少し減らしてトレードの質を高めるというのは、できていたと思う。7月は狙いを明確にした数日間の短期トレードを増やしていく予定。トレードの回数を少し増やしても質を落とさないようにする。

繰り返しになるが、やはり序盤の損切りが遅れたのは、あまりにも大きい。その損失額以上に、その後にポジションを取るチャンスを逃していることを考えると、損失額×2 くらいの機会を失っていると思う。まさしく時間損失・機会損失である。
当たり前のことなのだけど、大きすぎる損失や含み損塩漬けによる後退は、最も避けるべきネガティブ要素と再認識。資産の増加ととても似ている。資産を50%減らせば、元に戻すには100%つまり倍勝たないと戻らない。
1歩の後退は、倍以上の頑張りがないと元に戻せない。連続した後退や大きすぎる後退は絶対に避けなければならない。

さて、投資成績のまとめとトレードの反省も2ヶ月目。自分の取り組みを振り返って、欠点を洗い出すのは、決して気持ちいい作業ではないが、自分の中で何かが変わりつつあるのを感じるのも事実。
少しずつではあるが、自分が前進しているのが感じらる。トレード手法や思考を、毎月、先月よりも良くしてことが一番大事。自分なりに一歩一歩進んでいきたいと思う。

テーマ:株式投資売買記録 - ジャンル:ファイナンス


日経 △66.88
強いですが、強弱感対立。高値掴みには注意したいところ。
さて、今日は場を見ていました。

◆個別チェック
ナデは、少し動き出したかな?このまま少しづつ上を目指して欲しいところ。変わらず放置。

エスイーエスは、前場で全利確。売値665円。プラス10%くらい。
少し過熱感が出てきており、新値取りが重いと判断。まだ上値はある銘柄なので、置いていかれる可能性もあるが手堅くいきました。第一四半期発表前に、再度押す場面を待ちます。きっとチャンスあるでしょう(あるかな?)。 このまま上がってしまえばサヨウナラ~。
基本的には、どんな割安銘柄も上げては下げるを繰り返すので、過熱感が出てきて、動きが重くなってくれば、ファンダに比べて割安と固執するのではなく、確実に手仕舞いする方が、良い結果になる事が多いと思います。もっともっとという欲を頑張って抑えます。

下で待っていたニッポ電機は上に行かれてしまいました。残念。。。しかも大引けで急騰してましたね。

芝浦電子は、もう一押しを待っています。2000円の節で固い動きを予想。ただ、芝浦電子も、あまり押さず上に行ってしまう可能性もあるので、それが怖ければ小額で徐々に買っていく方が良いかな。

あと、前場で、MKキャピタル(2478)を買いました。短期スイング用です。昨日、45~55万円の持ち合いを突破。上げサイン。前場、利確売りで下げていたところで指値が約定。 損切りは下値ラインの55万を割ったら機械的に売り。とりあえず今日のところはちょっとだけ含み益。

◆スイングのひとつの方法(我流)
MKキャピタルに限らず、日課のチャートチェックをしていると、かなり多くの銘柄で上げサインが点灯しているのが判ります。例えば、持合突破ののろし(陽線)、ゴールデンクロスで大きめの陽線などなど。

こうした陽線の上げサインに対しては、飛びつき買いは避け、翌日~数日の利確売りで下げたところを買うのが良いと思います。損切りラインは、のろし陽線の始まり値に設定するのが有効です。

こうすると地合が継続して強ければ、かなり高い確率で上昇していきますし、駄目でも何パーセントかの損失で済みます。ローリスク・ミドルリターンという感じでしょうか。
上がったところで飛びついて、数日間の調整の時に、含み損に嫌気して損切りするのが最悪なパターンです。連騰する銘柄は捨てる形ですが、初動を捉える良い作戦です。

◆今後の作戦
上がる銘柄は、かなり大きく上がっています。地合の雰囲気的もかなり良い感じになってきてはいます。ただ欲張らず、焦らず、高値つかみせずコツコツ行くほうが良いと思います。

買いに安心感がある時期は非常に短いですし、本来は売り時です。 相場はいつもいきなり裏切ります。それは明日かもですね。

私は、以下の3本立ての作戦を意識していきます。
①焦らず下値不安の少ない割安株の中期ホールド継続する。
②数日単位のスイングトレードを増やす。
③押し目を狙う。
 
①で、強気トレンドが長く継続した場合の、トレンド乗り遅れを防ぎます。上げ相場の初期では動きづらいですが、損をする確率は少ないのでプレッシャーが少なくトレンドを追っていくことが可能です。保険の意味もあるので焦ってはいけません。
②で、上げサインの出た値動きの良い銘柄を追っていきます。強気相場が短命で終わっても、利益を取るのが狙いです。損切りは徹底して、大きい順張りの中で、小さく逆張りを心がけます。
③で、調整時に資金がないというのを回避します。一定の買い付け枠はキープしておきます。上げている良いなと思った銘柄が下げるのを、しっかり待ちます。株は上げれば下げるので、チャンスは必ずあります。

今、いじっている銘柄であれば、
①ナ・デックス ②MKキャピタルやコメントで書いている銘柄郡 ③芝浦電子 などが対象になります。

上記は、利益を出すことばかり書いてますが、急落した場合に備えて①、②では損切りライン明確化および徹底。③の押し目買いも、さらに下に行くことも想定して望みます。

7月~8月は、本来あまり強い月ではないのですが、去年の上げ相場は夏から始まったこと。1~2月のピークから半年たって、転換時期にあること。 を考えると、強い動きになってもおかしくはありません。

さてさてどうなりますかね (^^;
なんか記事なげ~っ!!

テーマ:投資日記 - ジャンル:ファイナンス


日経△66.44
終日通して強さを感じました。個別も強い。

今日はパシフィックマネージメントを少し買いました。1~2月に付けた大きなピークから約6ヶ月。そろそろ不動産流動化銘柄は面白いかもしれません。大きな山から半年間調整すると動き出すケースが多いのです。

成長性を考えれば、今の株価は買っても良い水準だと思います。不動産証券化は国策でもあるので、このまま終わりはしないでしょう。

と、中期スタンスっぽく書いてますが、短期中心で玉を付けたり離したりしていく予定。そのために単位株価の安いパシフィックを選んでます。

にしても、久々に上がってるところを追っかけで、買いを入れました。後場に垂れず、最後まで振興が強かったのは久々な気がします。
まだ買い場はあると考えて、少ししか買っていません。

エスイーエスは強し。新値取りうまくいくか。上値はまだあると思うので、下げたら買っても良いと思います。

お~い!ナデ~!おきってか?(^^;
でも、やっぱりなんか不自然な動き。。日中足を見れば判りますが、約定はずーーっと1295円。1296円にずっと1000株売りがありました。
私は、デイトレーダーじゃないので板はあまり詳しくないですが、ちょっと変な動きです。
ま、下値は知れてるし、もうちょい放っておきましょう。

フリーコメント欄に書いた、明治機械、三愛石油ともそこそこの動き。デイトレだったら数パーセント抜きできてましたね。買ってませんが。



テーマ:投資日記 - ジャンル:ファイナンス


ガチョウの株研究は、原則平日更新です。

土曜版のコメント欄を、訪問者の皆さんのフリーコメント用に設置しています。コメント欄を掲示板感覚で使う感じをイメージしてます。

ご自由にお使いください。

ガチョウもできるだけ参加しますが、訪問者の方々同士のやりとりが増えていくのが良い方向だと思っています。
ガチョウも同じ参加者の一人というスタンスです。私からの質問の方が多いかも。(^^;

銘柄選択や記事のコメントのやりとり同様、『渋い』感じでいければなと(笑)

よろしくお願いいたします。

#毎週土曜日に記事をアップしますので、話題が途中でも、次の土曜日を迎えたら新しい記事の方へ移動をお願いします。


テーマ:株式投資やる - ジャンル:ファイナンス



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2006 ガチョウの株研究 ~ガチョカブ~, All rights reserved.






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。